Francois RAVENEAU
フランソワ・ラヴノー

  ヴァンサン・ドーヴィサと同じく、長熟タイプのシャブリを造らせたら右に出
るもののいないドメーヌといえば、フランソワ・ラヴノーだろう。
 1995年に引退したフランソワはヴァンサンの父ルネと義理の兄弟。現在、この
ドメーヌを切り盛りするジャン・マリーとベルナールの兄弟はヴァンサンと従兄
弟の間柄だ。

 したがって、醸造方法も似ており、小樽を用いた伝統的な醸造法をとる。
ただし、発酵のスタートではステンレスタンクを使用。古樽が多いが一部は新樽
も含まれ、新樽を使う場合は発酵から新樽に入れてステンレスタンクは用いない。
 ステンレスタンクで発酵させたワインを新樽に移して熟成させると、樽香が強
くつき過ぎるとジャン・マリー・ラヴノーはいう。
 この発酵の誘発に温度調整の容易なタンクを用い、新樽熟成の場合は発酵から
新樽を用いるのはヴァンサン・ドーヴィサも同様だ。

 所有するブドウ畑の総面積は6.7ha。シャブリに始まり、1級がシャプロ、ビュ
トー、フォレ、モンマン、ヴァイヨン、モンテ・ド・トネール。特級にブランショ、
レ・クロ、ヴァルミュールをもつ。
  中でもブランショとヴァルミュールはそれぞれ樹齢70年、60年という、シャ
ブリでは驚くべきほどの古木からなり、集中度の高いワインを生む。
 ちなみにラヴノーが所有するシャプロはモンテ・ド・トネールを、ビュトーと
フォレはモンマンを名乗ることが可能だが、ここではすべて本来の畑名ごとに醸
造、瓶詰めする。

 ラヴノーのシャブリについてジャン・マリーは、「最低でも5年寝かせてから
飲んで欲しい」という。
 10年以上の熟成に耐え、それどころか、熟成によって硬質なミネラルが和らぎ、
じつに複雑な風味へと変貌する。
辛子色の蝋封はそのための封印なのだ。※ラックコーポレーションHP参照
ランク 銘柄名  ヴィンテージ 
1級畑 シャブリ1erCruヴァイヨン 2009 
特級畑  シャブリGrandCruブランショ  2009 2006 2001 1999 1998
シャブリGrandCruレ・クロ 2001 1999 
ワインリストへ