RIPPON
リッポン

 1974年、ニュージーランド南島の南端、セントラル・オタゴのワナカの一族が所有する土地へ戻ってき
たロルフ・ミルズは、まず実験的にヴィティス・ヴィニフェラのブドウを植えてみたという。
 その後、専門家の反対を受けつつも、気候的なデータに勇気づけられ、1982年に商業用のブドウ畑を開
墾。1989年に最初のワインをリリースした。
これがセントラル・オタゴにおけるワイン造りのパイオニア、リッポン・ヴィンヤードの始まりである。

  今日、リッポン・ヴィンヤードのワインメーカーは息子のニック・ミルズ。彼はフリースタイル・ス
キーの選手として知られ、21歳の時に国内チャンピオンに輝いたほどの腕前。1998年の長野オリンピック
でも期待されたが、数カ月前に膝を痛め、残念ながら夢は打ち砕かれた。
 その年に彼はフランスへと渡り、4年間、ジャン・ジャック・コンフュロンドメーヌ・ド・ラ・ロマ
ネ・コンティ
で修業。2002年にリッポンに戻り、ワイン造りの指揮をとることとなった。

 ニックはビオディナミ農法と、新世界では珍しく灌漑によらないブドウ栽培を実践。リッポンのテロワー
ルに忠実なワインを生み出すことに取り組み、彼の手がけるピノ・ノワール、リースリング、ゲヴュルツ
トラミナーなどのワインは、世界で高い評価を受けている。
リッポンの畑はいまだフィロキセラの被害を受けていない、世界でも数少ない畑である。
コード 23160

リッポン メイチャ・ヴァイン・ピノ・ノワール2015 750ml

価格  税抜き価格 \4,300 
在庫  24本 ⇒ 残り 6本
 ”前々からニュージーランドの「リッポン」は美味しいよ”ってお客さん・同業者からも聞いておりました。 輸入元のセールもあって今回初めて仕入れてみました。 早速試飲したところ、ニュージーランドらしくない果実味の濃さ・逞しさが口内に広がってくるではありませんか! 有りがちな甘さはなく、堂々とした仕上がりです。 果実の凝縮感もあり、とても良く出来ております。 現在は飲み頃とはいえませんが、2-3年もすれば甘美なピノの様相も表れてくる物と思われます。 内容の濃いワインというかポテンシャルの高さを感じさせるワインです。 是非お試し下さいませ。
2015 Rippon Mature Vine Pinot Noir
Reviewed by Joe Czerwinski
Issue Date 1st Mar 2018
Source 235, The Wine Advocate
Rating 94points ←素晴らしい評価です
Release Price NA
Drink Date 2020 - 2028
Tasting Rippon wines young is not always a fun exercise. The 2015 Mature Vine Pinot Noir, in particular, wasn't happy at being roused from its bottle. Like a surly djinn, it pouted, griped and sulked, grudgingly offering up muted aromas of berries and spice. Yet this medium-bodied wine shines in the mouth and will surely emerge from its funk within a few years' time. The texture is dense and fine, with the feel of high thread-count bed linens, and the long finish shows hints of the black cherry fruit and complex spice notes that await the patient.
ワインリストへ   通信販売のご説明
代金の決済方法/発送費用など