ワインリストへ   通信販売のご説明
代金の決済方法/発送費用など

Sebastien Riffault
セバスチャン・リフォー

 自然界に育ったセバスチャンは当然ワイン造りを目指します。最初にアンボワーズの農業高校でワイン
を学び、その後ブルゴーニュ・マコンの大学で醸造学を学びます。そこでクラッシックな醸造を徹底して学
びました。が、卒業後直に実家に戻らず、ロンドンに向かいました。ワイン市場の勉強をする為です。パリ
ではなく、世界のワインマーケットを本格的に学ぶ為です。そこで今の奥様と出会いました。彼は酒屋さ
んに務めておりましたが、彼女はまだ学生でした。彼女はリトアニア人なのですが、英語・フランス語・イタ
リア語・ドイツ語・リトアニア語と5つの言葉を話せる凄い語学力の持ち主です。最近は日本語に興味を
持っているようです。セバスチャンはロンドンのワインショップで勤務した時にナチュラルワインを覚え、その
後畑に戻らずパリの「ラ・ヴィーニャ」というワインショップで働きます。ナチュラルワインに目覚め、そのワイン
の販売では世界一とも言われるお店で勉強したいからです。そこで最先端のワインを勉強しました。
Roch、Pacalet・・・等々、頭から今までのワイン観をひっくり返されたのです。ロンドンの確立された伝統
的なワイン、そしてパリの最先端の情報を先取りしたワインを実際消費者であるお客様とたずさわり、そ
して2004年にサンセールに戻り本格的に自分のワインを造り始めました。

 お父様がまだ現役だったので、最初はお手伝いのような形です。が、酒屋さんをやっていた時の2003年に0.5haをBIOで試し「これなら大丈夫!」と2004年から自分
のワインを造ります。2004年が最初の彼のヴィンテージです。彼の拘りは最初っからSO2は一切入れない「O・二酸化硫黄」のSans Souflesです。これで自信を付けた
彼は2005年に新しく1haをBIOに2006年にまた2haをBIOに、徐々に徐々に畑を無農薬に切り替え、2007年には100%完全無農薬の畑にしました。なので2007年〜
カリテ・フランスのBIO認証を取得しました。彼の持ち畑は12ha、この短期間で良くやったと思います。12haの内訳は11haのソーヴィ二ヨンブラン種、1haのピノノワール
です。そしてお父様が60歳になり引退し、彼が100%切り盛りする事になりました。でも実際、畑仕事が好きなお父様は今もセバスチャンの仕事を時々お手伝いして下
さいます。
 当店取り扱い銘柄
 サンセール・レ・カルトロン
■サンセール・レ・カルトロン
Sancerre Les Quarterons
コード 11478

セバスチャン・リフォー サンセール・レ・カルトロン2018 750ml

価格  税抜き価格 \3,100 
在庫  6本
父エチエンヌの時代から続くスタンダードなキュヴェでステンレス
で9 ヶ月発酵、そのまま10 ヶ月シュールリー熟成、瓶詰め時にSO2
を10mg/L添加、軽く濾過し瓶詰めしています。輝きのあるグリーン
イエローの外観からディルやパプリカなどの野菜やライム、夏みか
んの香りを感じます。例年と比較し柑橘の酸味が強いフレッシュな
果実感からシャープな仕上がりとなっています。
ソーヴィニヨンブラン100%(手摘み/平均30年)
(貴腐ブドウ20%・熟したブドウ80%)

10月上旬収獲/ 50hlのステンレスタンクで
9 ヶ月[18 〜 20℃]発酵

そのまま10 ヶ月シュールリー熟成
軽く濾過・無清澄/瓶詰め:2020年5月
ワインリストへ   通信販売のご説明
代金の決済方法/発送費用など