SCHIAVENZA
スキアヴェンツァ

 ピエモンテのセッラルンガ・ダルバにカンティーナと畑を所有し
1956年に現オーナーであるルチアーノ・ピラ氏の義父が創立したワイナリーです。
合計8haの畑を所有し、ネッビオーロ、ドルチェット、バルベラを栽培しております。

 発酵には代々受け継がれてきたセメント・タンクを使い
熟成前には必ず6ヶ月間タンクにて休ませてから大樽にて熟成を行います。
その為、他の生産者よりもリリース時期が半年遅くなってしまいコンクールやガイド誌へのサンプル提出が難しく、
あまりメディアへの露出は多くありません。

そんな評価誌のポイントよりも古くからの伝統と味を頑なに守り続ける事のほうが
大事だというのがルチアーノ・ピラ氏の考えです。

 しかしその品質の高さをヴェロネッリ誌のテイスター“ダニエル・トマセス”は見逃しませんでした。
ダニエル・トマセスはピエモンテに訪れた際に必ずスキアヴェンツァに立ち寄ります。 
そして2006年度版のヴェロネッリ誌に初掲載。
バローロ・リゼルヴァが初登場にてなんと 97/100点 を獲得!
更に年間のBest20に値する Il Sole(イル・ソーレ) を獲得! 
一気に世間の注目を浴びるバローロ生産者となりました

更に、最新2015年版ヴェロネッリでも、
バローロ・プラポー・リゼルヴァの最新2008ヴィンテージがイル・ソーレを獲得いたしました!

スキアヴェンツアでは、化学肥料は一切使わず、
現在は近所の畜産農家より購入した堆肥を使用しております。 
また、農薬には硫黄や銅など、自然由来の物を使用しております。

≪スキアヴェンツァが造るバローロの特徴≫
野生酵母のみを使いアルコール発酵を行います。
発酵はコンクリートタンクを使い行います。
発酵温度がゆっくりと上昇する為、 滑らかな果実味が得られるとの事です。
そしてスキアヴェンッツァを象徴する昔ながらの大樽にて熟成を行います。
日に幾度も発酵温度などをチェックし、細く書き綴られています。
また、伝統的なワイン造りを信条とし、濾過は一切行いません。
SO2の使用も必要最小限とし、発酵前、瓶詰め時の2回のみ、
規制値(100-150mg/l)の半分以下、40mg/l程度に留めております。
※輸入元資料参照
当店取り扱い銘柄 
 バローロ・ブローリオ
 バローロ・プラポ
 バローロ・ブローリオ・リゼルヴァ
 ■バローロ・ブローリオ
Barolo Broglio
コード 23076

スキアヴェンツァ バローロ・ブローリオ2013 750ml

価格  税抜き価格 \5,300 
在庫  12本 ⇒ 残り 9本
 ブローリオは小丘の上にあり日照量が多い分、温かみがあり香りにミネラル感がよく感じられるワインが出来ます。このクリュから生み出されるバローロにはフィネスが感じられます。
■ヴェロネッリ2018…3つ星 93点
■ガンベロ・ロッソ2018…1ビッキエーレ
ワイン・スペクテイター…95点
 ■バローロ・プラポ
Barolo Prapo

コード 23077

スキアヴェンツァ バローロ・プラポ2013 750ml

価格  税抜き価格 \6,100 
在庫  30本 ⇒ 完売御礼
 バローロ・プラポーはチェレットのバローロ・ブリッコ・ロッケ2013やアルド・コンテルノのバローロ・ロミラスコ2013、コロネッロ2013など市場価格1万円超えのバローロをおさえて、ワインスペクテーター2月号のバイイングガイド バローロトップにランキングされております。

 プラポーの畑は鉄分を多く含みストラクチャーのしっかりとしたバローロが生み出されます。熟成を重ねれば重ねる程、タールのニュアンスが出てきます。

■ビベンダ2018…最高賞5グラッポリ
■ヴェロネッリ2018…最高賞青い3つ星 94点
■ガンベロ・ロッソ2018…2ビッキエーリ
■ワイン・エンスージアスト…96点
ワイン・スペクテイター…97点(2月号バイイングガイド バローロ最高得点)
 ■バローロ・ブローリオ・リゼルヴァ
Barolo Broglio Riserva
コード 20359

スキアヴェンツァ バローロ・ブローリオ・リゼルヴァ2008 750ml

価格 税抜き価格 \7,300
在庫  6本 ⇒ 完売御礼
 ブローリオは小丘の上にあり日照量が多い分、温かみがあり香りにミネラル感がよく感じられるワインが出来ます。 このクリュから生み出されるバローロにはフィネスが感じられます。
ガンベロ・ロッソ…最高賞トレ・ビッキエーリ
ヴェロネッリ…最高賞★★★ 96点
ワイン・スペクテイター…94点
 オレンジがかったガーネット色。 程よく苦味の混じった深みのある味わい。 タンニンは綺麗に溶け込み柔らかく、ミネラルのニュアンスも豊か。 テロワールの特性であるスパイスのニュアンスも良く感じられます。
ワインリストへ   通信販売のご説明
代金の決済方法/発送費用など