Philippe Pacalet
フィリップ・パカレ

プリューレ・ロックの醸造長を務め、ロマネ・コンテ社の醸造長に誘われた彼ですが、自分の本当に造りたいワインを造るために辞退しました。6年前から葡萄の栽培農家と契約して「自然農法」を励行させ、2001年初ビンテージとして出荷されました。パリの某有名ワインショップでは、ドメーヌ・ルロワと同格に扱われていると聞きます アルコール度数をご覧下さい。11度〜12度台という若干低めです 昔ながらのワイン造りを今の技術を持って造られたワインと言えます
 ■コルトン・ロニェ
  Corton Rognet Grand Cru
コード 22272

フィリップ・パカレ コルトン・レ・ロニェGC2015 750ml

価格  税抜き価格 \18,200
在庫  3本 ⇒ 完売御礼
 平均樹齢45年、粘土石灰質土壌で東向きの斜面にある区画。 柔らかいタンニンと洗練された酸のバランスが秀逸で、土壌由来のミネラル感と絶妙のハーモニーを生み出しています。 赤系果実のいきいきとした風味と香ばしさ、しなやかな口当たりが印象的。
■コルトン・ブレッサンド
  Corton Bressandes Grand Cru 
コード 23516

フィリップ・パカレ コルトン・ブレッサンドGC2016 750ml

価格  税抜き価格 \27,800 
在庫  3本
今飲んで93+ ポテンシャル95+ 飲み頃予想 2023〜2055年
 16年が初ヴィンテージで、樹齢80年のV.V。 香りはウンともスンともいわない。 しかし、この静けさの中に潜んでいる上質感と緻密さと凝縮感はバッチリ分る。 なんかハンパなく凄そう。 口に含むとやはりジューシーでフレッシュ。 そしてその第一印象の次にくるのが目の覚めるような複雑性と多層感だ。 集中力もハンパない。 これ、フツーの日に試飲したらおったまげるほどの味だろうなあ。 すげーです。(18年04月試飲) ※リアルワインガイド62号参照
■アロース・コルトン1erCruレ・ヴァロジエール
Aloxe-Corton 1er Cru les Valozieres 
コード 23513

フィリップ・パカレ アロース・コルトン1erCruレ・ヴァロジエール2016 750ml

価格  税抜き価格 \11,500 
在庫  6本 ⇒ 残り 4本
今飲んで92 ポテンシャル93 飲み頃予想 2020〜2045年
 16年が初ヴィンテージで、樹齢は50年のV.V。 アロース・コルトン的な若い内の硬さなどが全くない、きれいでナチュラルな近年のパカレ香。 閉じ気味で抑え込まれた香りだけど。 口に含むと果実味も風味も上からギュッと抑え込まれた感たっぷりの日なんだけど、それでも美味しい。 こういう縮こまった果実感だとタンニンがぶりぶり出てくるが、それもない。 美しくてナチュラルなパカレ節が炸裂している。(18年04月試飲) ※リアルワインガイド62号参照
銘柄 
ブルゴーニュ・アリゴテ  ボージョレ・ヴァン・ド・プリムール
サン・ドーバン1erCruムルジュ  ムーラン・ナ・ヴァン
サン・トーバン1erCruアン・レミー  ブルゴーニュ・ピノ・ノワール
シャブリ1erCruヴォー・リニョー  ブルゴーニュ・ルージュ・ヴィエイユ・ヴィーニュ
シャブリ1erCruボーロワ  ペルナン・ヴェルジュレス
ニュイ・サン・ジョルジュ・ブラン  ●ポマール
ムルソー  ポマール1erCru
ムルソー1erCruシャルム  ポマール1erCruレ・シャンラン
ムルソー1erCruペリエール  ボーヌ1erCruレ・シュアシュー
シャサーヌ・モンラッシェ  アロース・コルトン1erCruレ・ヴァロジエール
ピュリニー・モンラッシェ  ニュイ・サン・ジョルジュ・ルージュ
ピュリニー・モンラッシェ1erCruルフェール  シャンボル・ミュジニー
ピュリニー・モンラッシェ1erCruシャンガン  シャンボル・ミュジニー1erCru
 シャンボル・ミュジニー1erCruセンティエ
コルトン・シャルルマーニュ  ジュヴレ・シャンベルタン
   ヴォーヌ・ロマネ
アンディジェーヌVdt  ジュヴレ・シャンベルタン1erCruベレール
 ジュヴレ・シャンベルタン1erCruラ・ペリエール
コルナス  ジュヴレ・シャンベルタン1erCruラヴォ・サン・ジャック
   ニュイ・サン・ジョルジュ1erCruオー・ザルジラ
   ヴォーヌ・ロマネ1erCruショーム
 シャルム・シャンベルタンGrand Cru
 ルショット・シャンベルタンGrand Cru
 クロ・ド・ヴージョGrand Cru
 エシェゾーGrand Cru
   コルトン・レ・ロニェGrand Cru
   コルトン・ブレッサンドGrand Cru
ワインリストへ