Philippe Pacalet
フィリップ・パカレ

  プリューレ・ロックの醸造長を務め、ロマネ・コンテ社の醸造長に誘われた彼ですが、自分の本当に造りたいワインを造るために辞退しました。6年前から葡萄の栽培農家と契約して「自然農法」を励行させ、2001年初ビンテージとして出荷されました。パリの某有名ワインショップでは、ドメーヌ・ルロワと同格に扱われていると聞きます アルコール度数をご覧下さい。11度〜12度台という若干低めです 昔ながらのワイン造りを今の技術を持って造られたワインと言えます
 ■クロ・ド・ヴージョ
Clos de Vougeot
コード 23518

フィリップ・パカレ クロ・ド・ヴージョGC2016 750ml

価格  税抜き価格 \36,000 
在庫  3本
今飲んで94 ポテンシャル96 飲み頃予想 2025〜2060年
 これもウンともスンとも言わない。 その静けさがやはり恐ろしい。 それは膨大な各要素とミネラルが(あ、ミネラルも一要素か)ギュギュっと詰っていることが分るから。 口に含むとパカレのフレッシュさとナチュラルさにクロ・ヴージョの太さが混じり合った魅惑の液体であり味わい。 試飲時は果実がとことん抑え込まれているのでタンニンが少し浮くが、このワインの調和感はただ者ではない。 エレガントでナチュラルで骨太な、偉大なワイン。 (18年04月試飲) ※リアルワインガイド62号参照
コード 23060

フィリップ・パカレ クロ・ド・ヴージョGC2015 750ml

価格  税抜き価格 \33,400 
在庫  3本
品種:ピノノワール

平均樹齢50年、広範なクロ ド ヴージョの区画の中でもヴォーヌ ロマネ村側に位置する区画で、太古の土壌や小石が混じる粘土質土壌。 リッチな果実味としっかりとした骨格があり、木イチゴやカシスといった赤系果実の鮮やかな風味がフレッシュさを感じさせてくれ、また奥行きと深みにみちた果実味もしっかりと楽しめるバランス。
*
コード FRBG3150

フィリップ・パカレ クロ・ド・ヴージョ2014 750ml

在庫  なし
 リアルワインガイド評 今飲んで92 ポテンシャル94+ 飲み頃予想 2023〜2053

 14年が初ヴィンテージ。 にしてもクロ・ヴージョを造るとは。 にしてもこの値段は・・・。 香りはやはり閉じ気味。 しかしきれいな土が香り、黒果実系も増えてくる。 それでも基本はパカレの香り。 口に含むと味は全開。 特にうま味が集中しているのでメチャ旨く、イメージ的に黒果実の味が多く、液体全体が力強い。 もちろん優しくてエレガントなのは当然として。 正にパカレ印のクロ・ヴージョの味とスタイルだ。  (16年04月試飲)
こちらのワインは、ご注文を受けましてから 輸入元に発注を致します。 商品の確保が確定しましたら 改めてご連絡申し上げます。 途中でのキャンセルは、原則お断り申し上げます。
銘柄 
ブルゴーニュ・アリゴテ  ボージョレ・ヴァン・ド・プリムール
サン・ドーバン1erCruムルジュ  ムーラン・ナ・ヴァン
サン・トーバン1erCruアン・レミー  ブルゴーニュ・ピノ・ノワール
シャブリ1erCruヴォー・リニョー  ブルゴーニュ・ルージュ・ヴィエイユ・ヴィーニュ
シャブリ1erCruボーロワ  ペルナン・ヴェルジュレス
ニュイ・サン・ジョルジュ・ブラン  ●ポマール
ムルソー  ポマール1erCru
ムルソー1erCruシャルム  ポマール1erCruレ・シャンラン
ムルソー1erCruペリエール  ボーヌ1erCruレ・シュアシュー
シャサーヌ・モンラッシェ  アロース・コルトン1erCruレ・ヴァロジエール
ピュリニー・モンラッシェ  ニュイ・サン・ジョルジュ・ルージュ
ピュリニー・モンラッシェ1erCruルフェール  シャンボル・ミュジニー
ピュリニー・モンラッシェ1erCruシャンガン  シャンボル・ミュジニー1erCru
 シャンボル・ミュジニー1erCruセンティエ
コルトン・シャルルマーニュ  ジュヴレ・シャンベルタン
   ヴォーヌ・ロマネ
アンディジェーヌVdt  ジュヴレ・シャンベルタン1erCruベレール
 ジュヴレ・シャンベルタン1erCruラ・ペリエール
コルナス  ジュヴレ・シャンベルタン1erCruラヴォ・サン・ジャック
   ニュイ・サン・ジョルジュ1erCruオー・ザルジラ
   ヴォーヌ・ロマネ1erCruショーム
 シャルム・シャンベルタンGrand Cru
 ルショット・シャンベルタンGrand Cru
 クロ・ド・ヴージョGrand Cru
 エシェゾーGrand Cru
   コルトン・レ・ロニェGrand Cru
   コルトン・ブレッサンドGrand Cru
ワインリストへ