Jean-Marc BOILLOT
ジャン・マルク・ボワイヨ

 2001年に還暦を迎えたジャン・マルク・ボワイヨ。
1984年まではヴォルネイの実家において、祖父や父の下でワイン造りに励み、それ以降1989年まではピュリニー・モンラッシェのオリヴィエ・ルフレーヴで醸造長の職に就いていた。
彼が自身のドメーヌをポマールに立ち上げたのは1985年。 つまり1980年代の後半はドメーヌとオリヴィエ・ルフレーヴでの醸造を掛け持ちしていた時期である。

 彼にとって幸運なことは、父方がヴォルネイの大ドメーヌで、母方はピュリニーの著名ドメーヌ出身だったことだろう。
母はエティエンヌ・ソゼの一人娘。 ボワイヨ家には3人の子供がおり、3人それぞれに相続権があったため、1991年にジャン・マルク・ボワイヨはエティエンヌ・ソゼの畑の3分の1を手に入れることができた。
ピュリニー・モンラッシェ1級のコンベット、シャン・カネ、ルフェール、トリュフィエール、それに村名のピュリニーとシャサーニュである。

 現在、ドメーヌの所有畑は11ha。 ヴォルネイ、ポマール、ムルソー、ピュリニー・モンラッシェ、シャサーニュ・モンラッシェなど、コート・ド・ボーヌの赤白両銘醸地に区画を有する。
またジャン・マルクは1989年にネゴシアン・ビジネスも始め、おもにコート・シャロネーズの白ワインを扱っている。
このネゴスものもブドウ、または果汁の状態で原料を買い付け、ドメーヌもの同様に醸造、瓶詰めされるワインで、ラベルもほぼ同じだが「ドメーヌ」の表示がない。

 白ワインの醸造は、まず収穫したブドウを除梗せずに空気式圧搾機で搾汁。 デブルバージュをし、細かな澱は残したままオークの小樽で発酵。 新樽率は25?30%。 11ヶ月間熟成させ、週に1回バトナージュを施す。
一方、赤ワインは、100%除梗のうえ、13度で低温マセレーションのあと最高32〜34度でアルコール発酵。 さらにそのあと29度のポストマセレーション。 25〜30%の新樽を用い、16ヶ月の樽熟成。 その間の澱引きは一切なしだ。

 ジャン・マルク・ボワイヨの白ワインはたっぷりとしたボリューム感を基調とし、ミネラルの強弱によってアペラシオンが表現される。
赤ワインもまずしっかりした果実味の凝縮感があり、ストラクチャーの強弱がアペラシオンを物語る。
ヴォルネイ1級ピチュールはなで肩、ポマール1級リュジアンは怒り肩だ。

 長女リディと長男バンジャマンがドメーヌ入りして父を支えるが、ジャン・マルク自身は60歳を超えてもなお現役を退くつもりなどなさそうである。
 ※ラックコーポレーションHP参照
■ブルゴーニュ・ブラン 
コード 22038

ジャン・マルク・ボワイヨ ブルゴーニュ・ブラン2014 750ml

価格  税抜き価格 \3,250 
在庫  24本 ⇒ 残り 12本
 最近の1番のおススメは、ボワイヨの白です。
厚みのある果実味でストラクチャがあり、酸とミネラルもしっかりあるので、全体的に引き締まっている印象があります。
※ラックコーポレーション担当者様のコメントです
ワインリストへ   通信販売のご説明
代金の決済方法/発送費用など