JACQUES-FREDERIC MUGNIER
ジャック・フレデリック・ミュニエ

 現当主のフレデリック・ミュニエがシャンボール・ミュジニーに帰ってきたのは1985年、30歳の時だった。
スイスで生まれ、石油関連のエンジニアとして世界を飛び回り、定期便のパイロットとしても活躍した。
「まったく違う生き方をしてみたかった」とフレデリックはいう。

 ドメーヌが所有する珠玉のクリマは1889年、リキュールメーカーを経営していた曽祖父のフレデリックが、モレ・モンジュ家から購入したものだ。
ミュジニー(1.13ha)、ボンヌ・マール(0.36ha)、シャンボール・ミュジニー1級レザムルーズ(0.53ha)、ニュイ・サン・ジョルジュ1級クロ・ド・ラ・マレシャル(9.55haのモノポール)……。
 しかし、父の代まではワイン造りに直接関与せず、これらの畑はすべて他の造り手に貸し出されていた。 その契約が85年に切れるのを機に、フレデリックはワインの世界に身を投じる決意を固めたのである。
 ボーヌの醸造学校でワイン造りの基礎を学び、隣人のクリストフ・ルーミエやヴォルネイのミシェル・ラファルジュに指導を仰いだ。

 ブドウ栽培はビオロジックに限りなく近く、除草剤、殺虫剤の散布はなし。 必要に応じてベト病対策の薬品をわずかにスプレーするのみという。
除梗は100%。 低温マセレーションはせず、木桶とステンレスタンクを併用して醸造を行う。 木桶のほうが優っているという意識はなく、純粋に量的な問題で使い分けている。
樽熟成期間はおよそ17ヶ月。 新樽の割合はどのアペラシオンでも15〜20%と比較的少ない。
このような造りから、さほど色の濃度は抑えられ、口当たり柔らかく、シルキーな喉越しのワインが生まれる。
いかにもシャンボール・ミュジニーという風情の仕上がりに、誰しも頬を緩ませるだろう。

 面白いことに、この傾向はニュイ・サン・ジョルジュのクロ・ド・ラ・マレシャルでも変わらない。
このミュニエが全面積を所有するモノポールのクリマは、2003年まで50年にわたりフェヴレに貸し出されていたものだ。 ようやくその契約が切れ、2004年からミュニエが栽培・醸造している。
 フェヴレ時代のクロ・ド・ラ・マレシャルは、まだ長期熟成型を標榜する先代の造りだったことも手伝い、いかにも怒り肩のワインだった。
しかし、ミュニエ時代になってからは、これが本当に同じクリマかと訝るほど、エレガントなワインへと変貌している。
また、フレデリックはクロの最北部にあるピノ・ノワールに、その根を残したままシャルドネの穂木を刺し、2005年ヴィンテージよりクロ・ド・ラ・マレシャルの白を復活させている。

香り高く、デリケートでエレガント。ミュニエのワインは一本筋が通っている。 ※ラックコーポレーションHP参照
ニュイ・サン・ジョルジュ1erCruクロ・ド・ラ・マレシャル
Nuits St Georges 1er Cru Clos de la Marechale
コード 23050

ジャック・フレデリック・ミュニエ ニュイ・サン・ジョルジュ1erCruクロ・ド・ラ・マレシャル2015 750ml

価格  税抜き価格 \14.500 
在庫  12本 ⇒ 残り 10本
 輸入元は、ラックコーポレーションです。
2015 Domaine Jacques-Frederic Mugnier Nuits Saint-Georges 1er Cru Clos de la Marechale
Reviewed by Neal Martin
Issue Date 31st Dec 2016
Source 228, The Wine Advocate
Rating 90 - 92points ←素晴らしい評価です
Release Price NA
Drink Date 2020 - 2035 ←飲み頃を迎えるまで2年は待ちましょう
Frederic Mugnier meticulously assembled the five cuvees that combine to make the 2015 Nuits Saint-Georges 1er Cru Clos de la Marechale, the famed monopole at the southern end of the appellation. It has a bright raspberry and cranberry-scented bouquet, just a hint of pomegranate in the background, lively and transparent. The palate is medium-bodied with firm tannin in the mouth. This seems to be a more structured Clos de Marechale with a sappy and slightly compact finish. Give this 3-4 years in bottle if you can. It's one of those cuvees that I often find is being consumed too young, whereas it does repay bottle age.
コード 21136

ジャック・フレデリック・ミュニエ ニュイ・サン・ジョルジュ1erCruクロ・ド・ラ・マレシャル2013 750ml

価格  税抜き価格 \11,300 
在庫  8本
 輸入元は、ラックコーポレーションです
2013 Chateau de Chambolle Jacques-Frederic Mugnier Nuits St Georges 1er Cru Clos de la Marechale
Chateau de Chambolle Jacques-Frederic Mugnier visit the producer
A Pinot Noir Dry Red Table wine from
France, Clos de la Marechale, Nuits St Georges, Burgundy, France

eRobertParker.com #Interim - January 2016(Jan 2016)
Reviewer: Neal Martin
Rating: 92points ←素晴らしい評価です
Drink: 2019 - 2030 ←飲み頃は少し先ですね
Current (Release) Cost: $63-$140
The 2013 Nuits St Georges 1er Cru Clos de la Marechale has a more tertiary, slightly austere bouquet than the Chambolle-Musigny Villages with subtle floral aromas developing with time. The palate is medium-bodied with fine tannin, crisp and perhaps more structured than expected, with a dash of spice towards the finish that completes what is a wonderful Clos de la Marechale from Frederic Mugnier. Two words...load up.
コード 20296
ジャック・フレデリック・ミュニエ ニュイ・サン・ジョルジュ1erCruクロ・ド・ラ・マレシャル2012 750ml
価格  税抜き価格 \11,400 
在庫  7本
2012 Chateau de Chambolle Jacques-Frederic Mugnier Nuits St Georges Clos de la Marechale
A Pinot Noir Dry Red Table wine from
France, Clos de la Marechale, Nuits St Georges, Burgundy, France

eRobertParker.com #210(Dec 2013)
Reviewer: Neal Martin
Rating: (86-88)points
Drink: N/A
Current (Release) Cost: $76-$169
The 2012 Nuits St. Georges Clos de Marechale seems to shrug off that turbulent growing season with a fine bouquet of brambly red berries, a touch of undergrowth and light gravel scents. The palate is crisp and taut on the entry. It is just missing a little weight on the mid-palate, although the finish is fresh and tense with a spicy aftertaste that is very attractive. This should constitute a fine, earlier drinking Clos de Marechale. Frederic explained that in 2012 he co-fermented the two parcels, La Combe d’Orveau (the village cru sector) and the premier cru of “Les Plantes” instead of fermenting them separately before blending them together, which he does because he finds the blend is always more than a sum of its parts.
コード 20297 ※マグナムサイズです

ジャック・フレデリック・ミュニエ ニュイ・サン・ジョルジュ1erCruクロ・ド・ラ・マレシャル2012MG 1500ml

価格  税抜き価格 \24,100 
在庫  2本
 長期に寝かせたいのであれば、やっぱりマグナムサイズがお薦めです!
*
コード 17638

ニュイ・サン・ジョルジュ1erCruクロ・ド・ラ・マレシャル2009 ジャック・フレデリック・ミュニエ 750ml

価格 \7,560
【税抜き価格\7,200 消費税\360】
在庫  12本 ⇒ 完売御礼
 この銘柄は、フェヴレーが看板銘柄として長年リリースしてきましたが、地主がジャック・フレデリック・ミュニエだったので、契約期間終了で返還されたそうです。 そしてミュニエのモノポール(単独所有畑)としてリリースされる運びとなりました。 ニュイ・サン・ジョルジュの1erCruの中でも、注目される区画であります。 エレガントで濃いミュニエが造るとどんなワインに仕上がっているのか! 気になりますね
輸入元 ラックコーポレーション
ジャック・フレデリック・ミュニエ トップページへ  
ワインリストへ