Paul Hobbs
ポール・ホブス

 ポール・ホブスは1978年にナパ・ヴァレーのロバート・モンダヴィ・ワイナリーでワイン・メーカーとしてのキャリアをスタートしました。 その後の25年間、彼はモンダヴィ、オーパス・ワン、ソノマ・カウンティにあるシミ・ワイナリーや、また醸造コンサルタントとしてチリやアルゼンチンでその技術と専門知識に磨きをかけました。 この間、ポールはヨーロッパの主要ワイン産地を頻繁に訪れ、さらなる技術やアイデアを蓄積しました。 ポールは1991年にカリフォルニアにポール・ホブス・ワイナリーを、1999年にはアルゼンチンにヴィーニャ・コボスを設立しました。

 11人兄弟の中で育ったポール・ホブスのブドウ畑に対する強い興味は、1969年ニューヨーク北部地方の彼の家族が経営する農場に初めてブドウが植えられた時に芽生えました。
1975年、彼はUCデイヴィス醸造学科の食物学の修士コースに入学しました。 ヴェルノン・シングルトン教授の指導の下、オーク樽の熟成について書かれた彼の修士論文はカリフォルニアのプレミアム・ワイン・コミュニティーの人々の相当な注目を浴びました。

 ロバート・モンダヴィは直ぐに彼を研究技術者として雇いました。 しかし彼のゴールはワインを造ることでしたので直ぐに技術者用の白衣をセラー係の作業着と交換したのです。 価値のある実地経験は見習い期間となり、1979年には醸造家へ昇進しました。 その後、オーパス・ワン・チームに配属され1981年には醸造担当のヘッドになり、4年間その地位に留まりました。

 その後1985年にはソノマの歴史あるシミ・ワイナリーにアシスタント・ワインメーカーとして入り、1989年には副社長兼ワインメーカーとなり、カリフォルニアのプレミアム・ワイナリーの醸造プログラムを指揮する最初の機会となりました。

 1991年、何人かのパートナーと一緒に、彼はポール・ホブス・ワイナリーを設立しました。 このワイナリーは少量生産で手工芸的ワイン、ナパ・ヴァレーとソノマ・マウンテン、ロシアン・リヴァー・ヴァレーのシングル・ヴィンヤード・ワインを専門とするワイナリーです。 ロシアン・リヴァー・ヴァレーには14エーカーのピノ・ノワールの自社畑リンゼイがあります。 リンゼイ・ヴィンヤードでのワイナリー建設は2003年の収穫までに終了し、2006年の夏にはプライヴェート・ゲストハウスが完成しました。

 ポールはナパ、ソノマ、アルゼンチン、チリ、ハンガリーの技巧的ワイナリーのコンサルティング・ワインメーカーとしても活躍しています。

 2000年12月、「Connoisseurs’ Guide to California Wine(コノサーズ・ガイド・トゥ・カリフォルニア・ワイン)」において「Winemaker of the year」に選ばれました。 2004年には「The Quarterly Review of Wines(ザ・クオータリー・レヴュー・オブ・ワインズ)」に於いて「Most important winemaker in California(カリフォルニアの最も重要なワインメーカー)」に選ばれました。 ポールの造るカリフォルニアとアルゼンチンのワインは評論家達から最高の称賛を受けています。

 ■シャルドネ・ロス・ステーション・エステート・ロシアン・リヴァー・ヴァレー
Chardonnay Ross Station Estate Russian River Valley
コード 21930
ポール・フォブス・ワイナリー シャルドネ・ロス・ステーション・エステート・ロシアン・リヴァー・ヴァレー2013 750ml
価格  税抜き価格 \13,600 
在庫  11本 ⇒ 残り 1本
2013 Paul Hobbs Chardonnay Ross Station Estate
Paul Hobbs visit the producer
A Chardonnay Dry White Table wine from
USA, Sonoma, North Coast, California, USA

eRobertParker.com #223(Mar 2016)
Reviewer: Robert M. Parker, Jr.
Rating: 96points ←素晴らしい評価です
Drink: 2016 - 2022 ←飲み頃を迎えております
Current (Release) Cost: $80-$100 (85)
The 2013 Chardonnay Ross Station Estate displays clean quince, white currant, honeysuckle and pineapple notes, a touch of hazelnut, and a full-bodied, rich, concentrated, multi-layered mouthfeel. This is another brilliant Chardonnay to drink over the next 4-6 years.
■ピノ・ノワール・キャサリン・リンゼイ・エステート・キュヴェ・オグスティナ・ロシアン・リヴァー・ヴァレー
Pinot Noir Katherine Lindsay Estate Cuvee Agustina Russian River Valley
 
コード 21931

ポール・フォブス・ワイナリー ピノ・ノワール・キャサリン・リンゼイ・エステート・キュヴェ・オグスティナ・ロシアン・リヴァー・ヴァレー2013 750ml

価格  税抜き価格 \21,300 
在庫  2本
2013 Paul Hobbs Pinot Noir Agustina Katherine Lindsay Estate
Paul Hobbs visit the producer
A Pinot Noir Dry Red Table wine from
USA, Sonoma, North Coast, California, USA

eRobertParker.com #223(Mar 2016)
Reviewer: Robert M. Parker, Jr.
Rating: 96points ←素晴らしい評価です
Drink: 2016 - 2026 (135) ←飲み頃を迎えております
The 2013 Pinot Noir Cuvee Agustina is a selection from the Katherine Lindsay Estate grown in Goldridge soils that contain a lot of cobble. The wine offers up plenty of minerality, black fruits, floral notes, and a full-bodied, opulent mouthfeel. It should drink well for at least a decade or more. The case production of these wines ranges from nearly 6,000 cases of the Russian River to a minimum of 275 cases for the Cuvee Agustina up to 920 cases for the Hyde Vineyard.
ワインリストへ   通信販売のご説明
代金の決済方法/発送費用など