Inglenook
イングルヌック

 イングルヌック・ヴィンヤードはグスタフ・ニーバムによって1879年に設立されました。 フィンランド人であるグスタフは巨大な富を活用し、ナパにヨーロッパのブドウの苗を持ち込みました。 その後、伝説のジョン・ダニエルの指揮の下、数十年かけて最も高い評価を得る事になるワインを造り上げました。 しかし、フランシス・コッポラとエレノア夫人が1975年に敷地の一部を購入する頃は、イングルヌックの名前も売却され、ワイナリーとしても崩壊していました。 コッポラ夫妻は20年をかけて売却されていた畑を徐々に買い戻し、醸造設備にも手を入れ、歴史あるイングルヌック・シャトーを改築しました。 イングルヌックは現在、昔と同じワイナリーに再現され、再びアメリカの偉大なワイナリーへと復活しました。

 2011年4月、フランシス・フォード・コッポラはナパの象徴的なワイナリーであるイングルヌックの商標権をザ・ワイン・グループより取得しました。 これ以降、ナパ・ヴァレーの著名なワイナリーであるルビコン・エステートは、歴史ある名称「イングルヌック」として生まれ変わります。

 さらに、ボルドーの醸造家フィリップ・バスコールが新生イングルヌック・ワイナリー支配人兼醸造家に就任しました。 バスコールはフランスのボルドー一級シャトーの一つ、シャトー・マルゴーでエステート・ディレクターを務め、著名なテクニカル・ディレクターのポール・ポンタリエと共に畑、セラーの業務を牽引してきました。 バスコールは農業学の学位を持ち、モンペリエの大学院で醸造学を専攻し、シャトー・マルゴーでエステート・ディレクターのアシスタントとして20年間キャリアを積みました。

 イングルヌックのフラッグシップ・プロプライアタリー・ワインである「ルビコン」の名称は引き続き継続し、オールド・ワールド・スタイルでワイン造りをしてきたバスコールが、この偉大なニュー・ワールド・ワイン「ルビコン」に献身する醸造チームを引率します。 バスコールは、ポムロールの著名な醸造コンサルタント、ステファン・デュルノンクールとコンタクトを取りながらワイン造りを進めて行きます。

 現在では、セカンド・ワインとして知られるカスクの他に、新しくサードワインとして「1882」が生産されています。 また、2013年ヴィンテージより敷地内に最近植えられたソーヴィニヨン・ブランがラインナップに加わり、今後の発展が期待されます。
 ルビコン
Rubicon
コード 21974
イングルヌック ルビコン・ラザフォード・ナパ・ヴァレー2012 750ml
価格  税抜き価格 \30,500 
在庫  2本 ⇒ 残り 1本
2012 Inglenook Cabernet Sauvignon Rubicon
Inglenook visit the producer
A Cabernet Sauvignon Dry Red Table wine from
USA, Rutherford, North Coast, California, USA

eRobertParker.com #215(Oct 2014)
Reviewer: Robert M. Parker, Jr.
Rating: 95points ←素晴らしい評価です
Drink: 2014 - 2044 ←飲み頃に入っております
Current (Release) Cost: $210
The 2012 Cabernet Sauvignon Rubicon, which used to be a proprietary blend and had a somewhat rustic, Italian personality, has now been put under the Inglenook Vineyard designation. Where the Cabernet Sauvignon was a blend of 85% Cabernet Sauvignon and 12% Cabernet Franc and 3% Merlot, the Rubicon has abandoned any Italian varietals in favor of a blend of 86% Cabernet Sauvignon, 9% Petit Verdot, 4% Cabernet Franc and 1% Merlot. I think it’s safe to say this is potentially the best Rubicon made to date. It’s not to denigrate other vintages, but there is a finesse and elegance combined with great richness and an avoidance of any rusticity that plagued some of the other vintages ? which is to be admired. At three times the price, it’s not three times the wine of the Cask Cabernet Sauvignon. It possesses a dense purple color, beautiful, sweet creme de cassis notes with a floral underpinning. I don’t see any of the Rutherford dust, per se, but there is a
n undert
one of earthiness. The wine is full-bodied, rich, potentially complex and certainly capable of lasting 20 to 30 or more years. This is a great young Rubicon that will have its peak in 5-7 years and last 25-30.
ワインリストへ   通信販売のご説明
代金の決済方法/発送費用など